So-net無料ブログ作成

マレー人は食いしん坊 [日記]

 いま住んでいるコンドミニアムから歩いてすぐの所にBangsar Sports Complexというパブリックのスポーツ施設がある。そこで毎週土曜日の夕方20人程の仲間が集まってテニスをしている。テニスコートが4面と屋内のバドミントン・コートやスポーツジム、プールといった施設があって、スポーツ以外にもここで結婚式やいろんな催し物が開かれている。地元の若者たちが集まっているのだろうが、毎晩のようにとんでもなく下手くそなバンドが遅くまでガンガン音をたてていて迷惑千万なのだが、近所の人たちは文句を言わないんだろうかといつも不思議に思っている。少し離れたところの10階にうちがあるので、1番音が反響して大きく聞こえるんだろう。
 そのスポーツセンターの駐車場いっぱいに、えらく大きなとんがり屋根のテントが張り巡らされているのがうちの窓から見えたので、何をやっているんだろうと見に行ってみた。入り口はガードマンによって車が止められ、中には入れなくなっていた。ガードマンに「何やってんの?」と聞いてみたら、バドミントンの親善試合だって。それにしてはえらく大げさなしつらえなので、ビッグイベントなのと聞くと、単なるクラブ同士の親善試合だという。「へぇ、それにしてはずい分立派だねぇ、ちょっと写真撮らせてよ」といったら、どうぞどうぞといって中に入れてくれた。テントの下には長いテーブルが置かれ、その上にいろんな料理が所狭しと並べられていて、大勢の人がテーブルに座ってパクついている。奥にはステージがあってバンドが賑やかな音を立てている。もうお祭り騒ぎなのである。バドミントンの試合が終わった後のパーティの方を楽しみに来ている人が多そうだ。
 マレーシアの人たちは本当にみんな食いしん坊だ。ショッピングセンター内やホテルで行われるプロモーションや種々のイベントなどでも、黒山の人だかりがしているところは必ずと云っていい程、何かしらの食い物がサービスされている。我々のテニス仲間の1人がガソリンスタンドを経営していて、先日そこの10周年記念の店頭催しに招待されて行ってみると、ガソリンスタンドにまるで蟻のように人だかりができていた。テントを張って食べ物と飲み物をサービスしているのだ。「食い物さえ出せば、人は集まってくれるのさ」とその経営者の彼が云って笑っていた。人集めに知恵を絞って苦労しなくても、食べ物さえ用意すればいいというのは楽でいいな、なんてことを思ったものだ。
IMG_4091.JPG

IMG_4092.JPG

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

tetsuo hatayama

ご無沙汰しております。
久々にBotton Down Club Hp を見ました。何とビックリ祐介さSANの”南国便り”拝見しました懐かしくなり通信しました。
私は64歳になり、長男/長女共にかたずきテニス&ゴルフで体力維持しています。長女は昨年アメリカ人と結婚して今年からWAに在住、第二の故郷にすべく英語学校に通いつつ奮闘して居るようです。
Brog楽しみにして降ります、お元気の様子安心しました。

by tetsuo hatayama (2012-05-15 18:29) 

y-ishizu

畑山どの
コメント頂いていたのに気がつきませんでした。申し訳ない。何しろパソコン音痴なもので、自分でブログ出しながらそれへのコメントを読んでいなかったりするんですから。
その後元気で暮らしておられるようで何より。僕も与論島に移住したのも束の間、マレーシアくんだりでのんびりと暮らしてます。年に2回程用事があって東京に帰ってます。またラングラークラブなんかで会いたいものです。ではまた。
by y-ishizu (2012-07-01 16:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。