So-net無料ブログ作成
検索選択

テニス仲間たち [日記]

IMG_0933.JPG
 いま僕の住んでいるコンドミニアムには日本人もかなりいるが、その全部が現役のサラリーマンで、マレーシアに営業所を構えている日本企業の社員たちだ。この連中は誰もテニスをしない。ゴルフばかりだ。だからゴルフはやらない僕とは接点がない。2面あるテニスコートで定期的にテニスをする仲間は従ってローカルの人ばかりである。僕の仲間は2グループあって、1つは50代の元気でパワーのある連中で、バンバン打ってくるので1人だけ70代の僕はついていくのがやっとだ。でも彼等はこんなジジイを嫌がらずにつき合ってくれる。もう1つのグループがこの写真に写っている仲間たちで、こちらは全員60代半ばのオールドタイマーだ。ここでも僕だけ70代半ばで最年長だ。いやんなるね。
 今日はこの連中が先週日本への旅行から帰って来て、その土産話を僕に聞かせてくれるという食事会を開いてくれた。僕もそのときたまたま日本にいて彼等とも1日だけ会うことができたのだが、その後彼等は京都にいって旅館に泊まり、満開の桜を堪能したらしい。彼等はみんな中国系のマレーシア人で中国系の人たちは中国料理しか食べない。彼等が連れて行ってくれるレストランは必ず中国料理なのだ。それだけに安くて旨い店をよく知っている。この店も魚料理で有名な店らしく店の奥に水槽があって旨そうな魚が泳いでいた。

IMG_0929.JPG
 マレーシアの人たちは思いのほか魚好きだ。勿論値段が馬鹿に安いチキンを1番よく食べるのだが、純粋のマレー人はその殆どがイスラム教徒なので豚は食べず、牛肉は何故か生産量が少ないようで、オーストラリアからの輸入が多いため値段が高いらしく、魚が割と食べられているようだ。中国系のレストランには海鮮料理店が結構ある。今日食べたのはナマズ系の魚らしくちょっと泥臭かったが、これがなかなか旨いのである。味付けがいいんだろうな。

IMG_0928.JPG
 肉の料理は骨付きの牛のすね肉を中華風に八角で味付けしてとろとろに煮込んだもので、これもまた目茶苦茶旨かった。10品ぐらい食べて満腹して1人38リンギ(1200円足らず)という安さ。これがマレーシアで暮らす理由の1つでもある。誰も酒を飲まないからこの安さなのだ。アルコール飲料だけが日本並みに高いので、ビールや酒を飲んだら途端に料金は跳ね上がるが、それでも1人2000円は超えない。だから僕は日本料理店や洋食屋にはめったに行かない。イタリー料理やフランス料理の値段は日本とあまり変わらないのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。