So-net無料ブログ作成
検索選択

マレーシアの選挙 [日記]

20130425_101530_1.jpg
 この写真何だかお分かりだろうか?これはここマレーシアの選挙運動の一換なのである。マレーシアの国会議員選出の選挙は5年に1回行われるらしい。らしい、なんて何だか無責任な言い方かも知れないが、マレーシア社会に溶け込んでここに骨を埋めようなんて気のない僕は、国会議員の選挙などにはあまり関心がない。いまの平和な状況が続いてくれればそれでいいと思っているからだ。そんな僕でもこのところの街のちょっと異様な景色は気にはなる。写真のようなやたらと派手な旗のディスプレイがあちこちで目に飛び込んでくるのである。

20130425_101253(0).jpg
 ナジブ現首相率いる与党連合とアンワル元副首相率いる野党連合の一騎打ちだそうで、ほかの小さな政党は殆ど勝ち目はないそうだ。マレーシアの選挙で1つ日本よりいいなと思うことは、あの喧しい街宣車によるがなり立てがないことだ。表立った選挙運動は候補者のポスターと政党のシンボルマークの旗を街中に飾ることだけとのこと。しかし、裏では与党、野党ともゲンナマ合戦が酷いと聞く。地方に行くと2000円、3000円ぐらいのゲンナマで買収するのは当たり前のように行われているらしい。交通違反取り締まりの警官なども1500円〜3000円ぐらいやれば無罪放免してくれるらしい国だから、選挙での買収合戦なんてのも当たり前なのかなぁ。

20130425_101425.jpg 
 この1という数字のマークは特に選挙とは関係なく、現政府が以前から打ち出しているスローガン(マレーシアは1つ、みんな平等)というもので、他民族国家のマレーシアの国民は分け隔てなく扱われるという趣旨なのだ。ところが中国系のマレーシア人やインド系のマレーシア人たちは、こんなスローガンは嘘っぱちで、マレー人だけが不当に保護されていて俺たちはいつも蚊帳の外、とブーブー云っている。税金や種々の規則や学校の成績評価までが完全に区別されてるんだよ、ワン・マレーシアなんてよく云うよと云って憚らない。
 予想が拮抗している与党連合、野党連合のどちらが勝ってもわれわれの生活はたいして変わりそうもなさそうだけれど、来月の5日の投開票日にはマスコミの報道合戦がすごいことになるんだろうな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。