So-net無料ブログ作成
検索選択

さらば、マレーシアーその4(最終) [日記]

<最高のテニス仲間たち>

 マレーシアのロングステイ・ビザは基本的に仕事をすることを禁止している。マレーシア人たちから仕事を奪うなということなんだろう。それをいいことに僕はいっさい仕事はせず、毎日のようにテニスとプールでの泳ぎと週1回のバティック教室通いに明け暮れた。僕の住んでいるコンドミニアムは400室以上あり、少なくとも1,200人ぐらいは住んでいる勘定になり、その内少なくとも100人ぐらいは日本人だと思うのだが、テニスをする日本人は1人もいない。男性は殆どが現役で仕事(勤め)をしていて、そのほぼ全員がゴルフ族である。従って僕は彼等の仲間には入れない。廊下やレストランで合った時挨拶をするぐらいである。このコンド内でテニスをするのは主としてインド人と白人達だ。その内の幾人かと、あとは外からテニスをしに来る連中とやっている。もう1つは近所にスポーツセンターがあって、テニスコートが4面あり25〜6人のグループが毎週土曜日の夕方に集まってくる。このグループにも日本人は1人もいなかったのだが、最近現役で仕事をしている日本人が1人仲間入りしてきた。その彼とプレイする時だけは、「あ、ごめん」とか思わず日本語も飛び出す。


photo 1.JPG
 中国系マレー人や純粋のマレー人、この中にはいないが数人のデンマーク人やイギリス人などがいて、まだ殆どが現役で仕事をしているので週末に集まるのを楽しみにしているようだ。


20140216_194504_5-2.jpg20140216_194447-2.jpg
 もう1つのグループは僕のコンドのコートに毎週日曜日にやってくる連中で、中国系のローカル人とイギリス人、時にはインド人たちも加わる。5年間一緒にやってきたので、僕が日本に帰ると知ってみんなでお別れ食事会をしてくれた。本当に気持ちのいい連中で、この人たちと別れるのはとても心残りだ。恐らく日本ではこんなに人懐っこい人たちのグループとのテニスは期待できまい。

 とまぁ、こんな楽しいマレーシア生活を切り上げて、寒さに喘ぐ日本に何故帰るの?とよく聞かれるけれど、僕もあと5年もすると80才を超えるしなぁ。この辺で思い切って帰り、終の棲家を構えようという気になったというわけです。

というわけで、しばらくはブログをまた休みます。いつも不精でろくに更新もしなかったので、忘れられてしまったことでしょう。またいつかお会いする日もあるかと。その時はどうぞよろしく。
石津祐介
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。