So-net無料ブログ作成
検索選択

春節の終わり [日記]

 中国の春節、即ち正月も今日で終わる。ここ1週間以上街のそこここで花火が上がっていた。中国人もマレー人もインド人もここマレーシアに暮らす人たちはみんな花火が好きなのだ。
 今日は我々のコンドミニアム内のレストランで恒例のライオン・ダンス(獅子舞い)があった。中国系のレストランのオーナーが毎年春節の終わり頃にたいそう張り切ってライオン・ダンスのチームを呼ぶ。
 このライオン・ダンスについて来るお囃子がとてつもなくうるさいのだ。太鼓と銅鑼(シンバル)で囃し立てるのだが、この銅鑼のうるさいこと。耳を聾するばかりの銅鑼がなり出すと殆どの人が耳を押さえて遠ざかる。だが、中国人たちは平気な顔をしている。そりゃ、待ちに待ったお正月の目出たい行事なんだから、少々うるさいぐらいの方が楽しいのだろう。しかし少々うるさいなんて程度のうるささとはわけが違うのである。僕なんか写真を撮っていてもその音にたじろいでじとーっと汗をかいてくる。銅鑼の音を半分ぐらいにしてくれないものか。

IMG_4431-1.jpg
日本の獅子舞によく似ているのだが、こちらのは日本のものよりずっとアクロバティックで、まるでサーカスのようだ。中国曲技団のイメージがある。この日はレストランのオーナーの大判振る舞いで、ビュッフェ形式の食事はただである。とにかく食うことが大好きなここマレーシアでは、食事がただということになると、大勢の人が集まる。ライオンの一挙種一等足に拍手喝采である。

IMG_4451-1.jpg
3メートルもあるかと思われる鉄棒のてっぺんでライオンが踊りまくる。日本の消防の出初め式のようだ。

IMG_4441-1.jpg
ライオンたちは演技の途中で各テーブルを回ってご祝儀をねだる。これも日本の獅子舞いと似て、開けた口にご祝儀のお金や縁起物のみかん等を差し入れる。その度にこっくりとうなづくライオンの動きがひょうきんで面白い。

IMG_4426-1.jpg
あんた達なんだよ、うるさいのは。もう少し音のボリュームを下げるとか何とかできない?

中国のおせち? [日記]

20130209_105411.jpg
昨日から中国系の人たちはお正月休みで街は静かそのもの。いつもの交通渋滞が嘘のよう。日本の正月やお盆のときと変わらぬ様相を呈する。中国人たちは正月を日本のようにおせちを食べて祝うのかな?と思っていたら、やっぱりありましたね。中国料理ではあまりお目にかからない生魚を使ったおせちが。
 鯛のような白身魚(生鮭もある)をスライスしたものに、にんじんやもやしなど数種類の野菜を加えて混ぜ合わせたサラダっぽいおせちだ。中国料理店ではこの期間イー・サンと呼ばれるこの正月料理をその店なりにいろいろ工夫したものを出す。近所の人気料理店では生鮭の切り身にキャビアをたっぷり乗せたイー・サンを出しているらしい。ちょっと興味をそそられるけれど、値段が分からないので敬遠している。多分びっくりするような値段なんだろうな。
 写真は近所のスーパー、JASCOの魚売り場に出ていたイー・サンのセットで、普通の正月直前にはこの場所には日本のおせちの材料が並べられていた。このイー・サンのセットを初めて見たときは鍋料理のセットかと思った。こちらでも日系のスーパーなどでは時々見かける鍋用のセットとよく似ている。
 さて、しばらくは交通渋滞もなさそうだから、普段敬遠している街の中心部を車で流してみることにするか。でも店が半分は閉まっているだろうな。

もうすぐチャイニーズ・ニューイヤー [日記]

IMG_4404.JPG
 マレーシア全人口の30%を占めるといわれる中国系マレー人たちが待ちに待った正月(チャイニーズニューイヤー)がすぐそこまでやってきた。彼等は旧暦の正月を祝うので、年によってかなりのずれがある。今年は2月10日がそれに当り、この前後1週間から10日ぐらい休みをとる人が多い。日本や西欧諸国のクリスマスセールにも匹敵する正月セールがどこのショッピングモールでも盛大に行われる。中国では赤い色が目出たいとされているので、街には赤一色と云ってもいい程赤色が溢れる。写真は近所のショッピングモールのロビーを飾る赤色の提灯飾りだ。どこのショッピングモールでも中央広場にはワゴンの店が出店して正月に関係ある品々を並べる。

IMG_4413.jpg
 ロビーに出店した店の品で1番目立つのは正月によその家を訪問するときに持って行くらしい贈り物セットだ。これがまたえらく派手なもので、お菓子を中心に何やらお目出度そうな品々が一杯に盛りつけられたバスケットが店いっぱいに並べられている。中国系の人たちって結構見栄を張るんだな。

IMG_4421-2.jpgIMG_4422-2jpg.jpg
 我々の住むコンドミニアムのレストランは中国系の人がやっているので、正月期間は上のようなお目出度い言葉が書かれた飾り付けをする。建物の玄関口にも人を歓迎するようなお目出度そうな人形が訪問者を出迎える。日本の正月にどこの家庭でも食べるおせちに当たるものがここにもあって、それはイー・サンと呼ばれている。中国には珍しい生の魚(刺身)をいろいろな野菜と混ぜ合わせて食べるもので、この期間には中国系のレストランではどこでも食べられるらしい。来週あたりどこか美味しそうな店を見つけて食べてやろうと思っている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。