So-net無料ブログ作成
検索選択

Batik on T-shirt [趣味]

20111029-IMG_3864.jpg20111110-IMG_3852.jpg
 毎週水曜日に通っているバティック教室で、いつも作っているエコバッグにちょっと飽きて、今までやったことのないTシャツに挑戦してみた。いつもの薄手のコットン地と違って、Tシャツの生地はコットンではあってもニット地なので伸びる。熱く溶けたワックスをチャンティーンと呼ばれる壷の細いノズルからTシャツ地に移していくのだが、この時シャツ地が伸びるので線がなかなか上手く引けない。いつもと勝手が違うので苦労する。ワックスが十分生地に染み込んだと思っても、後で色を入れていくとその色がワックスの線からはみ出して、そとに出てしまうところが何カ所かできてしまった。モチーフはホーンビルと呼ばれる熱帯の口ばしのやたらとでかい鳥で、その色ときたらとんでもなく派手なので、少々失敗してもごまかしが効く。
 教室のサム先生がそばで見ていて「これ面白いから俺にも作ってくれ」と奥さんに頼んだ。日本人の奥さんも教室の先生でいつも我々日本人の生徒を直接指導してくれている。期せずして先生と競作ということになったけだが、さすが先生のは手慣れたもので、店で売っていても可笑しくない出来ばえだったが、僕のはちょっと売り物にはなりそうもない出来であった。Tシャツはもうコリゴリだ。

新しい趣味ーその2 [趣味]

20110911-eco-bag-a.jpg
バティックの絵柄は通常はマレーシアの国花にもなっているハイビスカスや、いろんな種類の蘭の花、小柄の唐草模様といったものが多い。ところが僕はこういったバティック独特の絵柄があまり好きではないので、インターネットポスター店やイラスト図鑑などからグラフィック的なパターンを引っ張りだしてきて、それをアレンジして使うことにしている。やはり花柄が多くなるが、ピカソやマチスといった近代の画家の作品の中にはユーモラスなパターンを主題としたものが結構あって、その習作を描くのもまた面白い。
20110911-eco-bag.jpg
大勢いるバティック教室の生徒たち(何故か僕以外は全部女性)の殆どはキャンバスに見立てた木綿の生地に風景画やハイビスカスの花柄を描いて、それを額に入れて絵画として部屋の壁に掛けたりハンドバッグに仕立てたりしている。男の僕はハンドバッグには興味がないので、絵を描いた薄ての木綿地を直接ミシンで仕立てて今流行のエコバッグにしている。これが日本からやって来た友人たち、とりわけご婦人たちに大受け(と自分では思っている)で、皆さん日本に持って帰って使ってくれる。
マレーシアからはあまりいいお土産がないので、喜んでくれる人には差し上げている。もう既に20種類ぐらいの絵柄でエコバッグを作ったが、手元には4~5枚しか残っていない。

新しい趣味を見つけた [趣味]

20110906-Batik.jpg
テニス以外に特に趣味のなかった僕だったが、こちらに来てから新しく趣味と云えるものに出合った。それはインドネシアとマレーシアに古くから伝わるバティックと呼ばれる民芸で、日本で云うろうけつ染めに似たものだ。友禅も同じような手法で描くと聞いているが、よくは知らない。バティックは熱く溶かしたワックス(ろう)を写真のような小さなポットに汲んで細く伸びたノズルの先で絵を描いてゆき、その中を色で染めていくというもの。そのバティックの教室が近所にあるのを知って早速訪ねてみた。先生はなんとインド人の男性で、その日本人の奥さんもその教室で教えている。サム先生と呼ばれるそのインド人の先生はバティックの手法を使って、まるでファインアートのように繊細な絵を得意としていて、その作品はちょっと見ただけでは普通の油絵のように見える。奥さんはバティックらしい柄を得意としていて、我々初心者には分かりやすく日本語で教えてくれる。週に1日3時間のクラスに入って始めてみたらすっかりはまってしまって、もう2年近くも通っている。僕はバティック独特の絵柄にはあまり興味がなく、同じ花を描くにもグラフィックなパターンのものが多い。ピカソやマチスといった画家の作品の習作もよく描いている。

20110906-IMG_3694.jpg

小さなものは普段スーパーに買い物に行く時によく使うエコバッグに絵を入れるというものが多い。時には写真のような大判のタペストリーも作ったりする。エコバッグはうちを訪ねてくれた友人たちが気に入って持って帰るので手元には殆ど残っていない。絵柄のネタはインターネットからひっぱり出してくるものが多い。バティックに使う生地は木綿地が最も一般的でシルクも使われる。化学繊維は染料がよく染み込まないので使いづらい。コットン素材ならTシャツにも描ける。
いつまで続くかは分からないが、当分は1番の趣味となりそうだ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。